読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系院生の一人暮らし備忘録

仕入れた情報のお節介なおすそ分け 毎日19時更新

【朝ラク】メンズパーマのすゝめ【施術からスタイリングまで】

ライフハック

f:id:sakunosuke28:20170312170246p:plain

こんにちは、パーマ男子のさくのすけです。

 

メンズの皆様、パーマというと、女性がかけるものといったイメージを持つ方が多いのでは?

そんな皆様に、パーマの良さ、美容院から日常維持までのコツをお伝えしていきます。

 

 

 

何が良いのか

もちろん

f:id:sakunosuke28:20170312162131j:plain

(引用  メンズパーマ 種類を知って一歩リード! | 男前研究所)

こんな感じのイマドキ男子になるにも必須ですが、

 

f:id:sakunosuke28:20170312162550j:plain

(引用元 ツーブロック ショート メンズ | 表参道・南青山の美容室・美容院 Roops(ループス))

こうした意外と朝のセットが大変なビジネスヘアも

ガーッと乾かして、ちょちょっとスタイリング剤をつけるだけで、

それっぽいスタイリングになるので、とっても楽なんです。

 

そもそもパーマって?

そこに疑問のあるからはそもそもこんな記事読んでいないとは思いますが(笑)

薬剤を使って要は髪に跡をつける技術メニューですね。

料金

もちろん店舗によって設定は違うのですが、

よくあるカット4000~6000円の美容院で

だいたい+5000~8000円くらいで設定しているところが多い気がします。

 

普通に普段カットしかしていない方にとっては少々高額に感じるかもしれません。

しかし、一般的に2ヶ月くらいは持つことを考えると、月3000円ほどで毎日のセットがより楽に、かっこよくなると思ったら、そんなに高い買い物ではないと僕は思います。

施術

大体2~3時間ぐらいを見積もっておけばよいと思います。

シャンプー → ロッド(筒みたいなやつ)に巻き付け → 薬をつけて放置

 → シャンプー → カット → シャンプー&セット

が一般的な流れです。

 

施術した当日の注意

施術したその日は髪を洗わない方が良いです。

パーマは、髪の結合を一度ブチッと切って、巻いた状態で再結合させることで目的の形に記憶する手法なのですが、

施術直後はまだ完全に再結合がされておらず、空気としばらく触れ合うことで反応が進んで、ウェーブが固定されていくのです。

 

カンタン!スタイリング!

1. 髪を濡らす

寝癖を起こすためと、濡れている方がウェーブが出やすいためです。

シャワーでもいいですし、霧吹きで軽くでも良いです。

 

2. 7割くらい乾かす

しっかりタオルドライをしたあと、(パーマが取れやすくなるのでゴシゴシはダメ)

ちょっと生乾きくらいのところまで、根元からフワフワっとするように乾かします。

 

3. 適量のスタイリング剤をとって、毛先をクシャクシャってする

適当かよ!と言われそうですが、適当です。(笑)

これがパーマのいいところで、大方の形はパーマでついているので、

スタイリング剤で毛先だけまとめてあげれば、あっという間にイケメンヘアー!(適当)

 

おすすめスタイリング剤

ワックス

ワックスを使うと、乾いた感じになり、フワッと柔らかい印象になります。

さくのすけ愛用のワックスはこれ。

超ド定番ナカノ4番。売れるには理由があります。

ただ、ワックスだけでは丸一日のキープ力は出ないので、ワックス単体の時は

 こいつをサーっと吹き付けてホールドします。

 

ジェル

ジェルでスタイリングすると、見た目はウエットな感じに仕上がります。

触るとパリパリ。ホールド感最強。

僕はショートの時はジェルだけで済ませることが多いです。

油感がなくギトギトしないのが僕好みです。お湯だけでサッと落ちるし。

ロレッタのハードゼリー、僕の圧倒的おすすめ。

 

ムース

仕上がりはジェルと似た印象。

それなら僕はジェル使うよって感じですが一応おすすめ。

 

と言いつつ実際は

 先ほど紹介したワックスとジェル

これを1:1くらいで混ぜて使っています。

・ワックスの細かく毛先をいじれる感じと、

・ジェルのサラパリっとホールド、ウェットな仕上がり

この2つのいいとこどりをしています。

 

今日の備忘録

メンズパーマ、かなりおすすめです。

毎日こんな感じにセットしてるんですけど、楽になりたいです!

って言うだけで、美容師さんが上手くやってくれると思います。

 

insei-bibouroku.hatenablog.jp

insei-bibouroku.hatenablog.jp